まつもと音楽教室 > 2017 > 3月

月別アーカイブ: 3月 2017

 

残したい日本の古い歌曲

今年の発表会のフィナーレは、何にしようか…

 

 

と、毎年悩んでいます。(^^;)満月

 

 

フィナーレは、出演者全員で

歌って踊って、にぎやかに。

それは、だいたい定番パタンですが。

 

2017年は、 「しっとり合唱するのはどうかな」と思いました。

 

昔の歌曲には、美しいものがたくさんあります。

でも、あまり学校で習わなくなったんですね。

 

今や、運動会でも音楽会でも、アニメのテーマソングやJポップが花盛り。

もちろん、それはそれでいいのです。

ゲラゲラポーもランニングマンも恋ダンスも、わけなく楽しい。

 

でも、残しておきたい、伝えたい、「古い作品」もある。

そういうものに触れる機会がもっと欲しい。

 

というわけで、今年のフィナーレは、

日本歌曲の名作にしようと思っています!(^^)

 

 

 

 
 

Sちゃん、音にこだわる

Sちゃんがお手紙をくれる話は、以前に書きました。

 

あれから3年・・・n695_kiiroipanji-500-thumb-200xauto-17041

Sちゃんの「今」です。

 

発表会のために、ある曲を選んだSちゃん。

 

スラー(音どうしをなめらかにつないで演奏する記号)のところを

守って弾きたいのに、指が届かず、どうしても「ブチッ」と音が

切れてしまう(Sちゃん本人の表現)のが悩みなのです。

 

「ちょっと音を変えてみようか?」

今日、そう提案してみました。

「今までのと、ちょっと弾きやすく変えた音のと、両方弾いてみるからよく聴いてみて」

そう言って、何度か弾き比べをしました。

「どう、Sちゃん。違いわかる?どっちがいいかな」

 

Sちゃん、返事なし。

あれ、どこ行ったん?

よく見ると、ピアノの ま後ろで、カーペットの床に突っ伏して、頭を抱えています。

全身 耳にして、真剣に音を聴いているのです。

 

「先生。ワタシね、もとの方がいい。その方が、音楽が優しい感じがするわ」

 

そっか。

Sちゃん。それによく気がつきました。

先生もね、その意見に賛成。こっちの方が断然いいと思う。

 

「ちょっと弾きにくくても、ワタシ、がんばって練習する!」

Sちゃんは、そう言いきりました。

 

Sちゃん、ファイト!

今度のレッスン日を楽しみにしてるから。(^^)

 

 

 

ページ上部へ