まつもと音楽教室 > ブログ > セミナー・勉強会 > 舞台でアガらないために②

舞台でアガらないために②

2014年08月04日

先回の続きです。20-16-03-620_250x250[1]

 

メンタルトレーニングには5つの基本スキルが

あるのですが、中でもイメージトレーニングの

効果は大きいようです。

「イメージすると、実際に行動した時と同じ

状態になるんですよ」と、大場先生は断言。

 

実際、パフォーマンスを成功させるために大切な要因は、

「イメージ70%、体力28%、技術2%」なんだそう。

え?イメージが70もあって、技術たったの2%ォ~?!

(ウッソ~という声が聞こえてくる)

 

それくらい、イメージトレーニングは大切だということ。

 

発表会をターゲットにするならば、まずは会場の雰囲気を思い浮かべる。

そこに自分がいる。もちろん舞台の上。

お客さんになった、もう一人の自分がそれを見つめている。

舞台の上の「自分」は、いつも通りに落ち着いて演奏している。

曲の中にみごとに入って、演奏の表現に全力を注いでいる。

演奏に夢中になっているけれど、決して冷静さを忘れてはいない。

 

そしてそのあと、舞台上の「自分」に意識はシフトし…

今度は、舞台からお客さんを見つめている。

演奏し終わっておじぎをし、笑顔で会場を見渡すところまで、

ずっと変わらない気持ちでパフォーマンスを続けることができた。

よし!大成功!

 

という風に、何度も何度も頭の中でイメージをふくらませていくのです。

それも時々ではなく、毎日、毎日。

とにかく、成功のイメージを持ち続けることが大事なのだと。

 

なるほど…!と、思いますよねぇ!!(^o^)

 

まだまだ続きます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。