まつもと音楽教室 > ブログ > レッスン日記 > この音怖い

この音怖い

2014年02月16日

23-41-43-136_250x250[1]今年の発表会のソロ演奏で、

「チューリップ」を弾くことになった、

5歳のMちゃん。エレクトーンで初出場です。

 

「チューリップ」は、以前からお気に入りの曲。

発表会で弾くならコレ!と、決めていました。

 

エレクトーンの音色は、とてもバラエティに富んでいます。

その曲のイメージやアレンジに合った音が、演奏が進むにつれ

自動で出てくるように、あらかじめ組み込まれているのです。

たとえば、

「咲いた、咲いた、チューリップの花が」のところは、フルート。

「どの花見ても、きれいだな」のところは キラキラ音、と言う風に。

 

イントロから、ゴキゲンでエレクトーンを弾いていた

Mちゃんでしたが、次の間奏のところでパッと顔をくもらせ、手を止めました。

「せんせい、この音こわい…」

「え?」

それは、ティンパニとコントラバスをミックスした太い音。

小さく可憐だった音色が、急にドンドン!と大きく響く音色に

変わるところなのでした。

 

「そうやね。確かにちょっとこわいね」

Mちゃんは、無言でうなづきました。

「ここはね、いろんな動物さんが出てくるところなんだ」

「ライオンやゾウさんたちも、チューリップ見たいって

みんな原っぱに出てきたから、すごい音がするんやよ」

 

その次のレッスンで、また「チューリップ」を練習したMちゃん。

また、例のところで「こわい」と言いましたが、先週とはちょっと違ってました。

「ここはトラさんが出てくるから、こわい音やねん」

ひとりごとを言いながら、演奏を続けてくれました。(^^)

 

いろんな音が出てくるよね。

いろんな音やから面白いんやね、Mちゃん!

チューリップ、最後までがんばろう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。