まつもと音楽教室 > ブログ > ロック伝説 > ボブ・ディラン

ボブ・ディラン

2014年06月11日

ボブ・ディランをはじめてまともに聴いたのは5222106912_d30c145c8b_m[1]

(その歌ってる姿を目にしたのは)

このページの最後で紹介する、あるコンサート・

フィルムでした。

 

先ごろ、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス

という映画が、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞しました。

ボブ・ディランも影響を受けたあるフォーク・シンガーが、

主人公のモデルになっています。

ギターを持って、旅から旅への音楽人生。

生活の中からつむぎ出される言葉とメロディ。

60年代のアメリカって、こういう感じだったんだなぁ…

 

なんだか急に懐かしくなって、またディランのライブを見てみたくなりました。

特に彼のファンだったわけではありません。

けれど、そのあまりの存在感に 当時圧倒されてしまったのを思い出します。

 

今の子は、こういうの聴いて どう思うんだろう?(^^♪

I   Shall  Be  Released  (from「THE LAST WALTZ」)

もうひとつ、若かりし頃のディラン。

Browing  In  The  Wind

これも、あんまり若くて微笑ましいです。(^_-)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。