まつもと音楽教室 > ブログ > 音楽映画

音楽映画

 

大画面でビートルズ

先日、ある友人からメールが来ました。

「例のビートルズの映画、もう見た?まだだったら絶対行ってね」

 

自分でも早く行かなきゃ、とは思っていたのですが、日常の雑事や体調不良を理由に、

なかなか実行に移せずにいたのです。

 

でも、彼女の「コレは外せない」のひとことで心は決まり、

はい、すべてのスケジュールを後回しにして行ってきました!

 

結論。

これを見逃していたら、私の人生違っていたかもと思うくらいでした。(^^;)

大画面で見られて、本当に良かったです。

 

映画の中で、<たとえばモーツァルトは、作品すべてが名曲と言えるけれど、

彼らも同じ。音楽性がほかのバンドとは違う。傑出している>というような

表現がありました。

 

その意見に、私はまったく同感です。

 

もはや古典(クラシック)のようになってしまった彼らですが、

その偉大な古典をモーツァルトのごとく、若い世代に伝えていくことの大切さ!

これもまたマストな仕事、と感じた次第です。

 

あ、いえ、こちらがそんなに構えなくても、彼らのすごさが色あせることなんて、

きっとありえないでしょうけどね。(^^)

 

 

 

 

 
 

中島みゆきフィルムコンサート

中島みゆきの4443980240_85ef114e36_m[1]

「縁会2012~3   劇場版」を見に行きました。

 

もうすぐ63歳なんですって!

とてもそうは見えない。若いです。

力強い声。

<凛とした女性>という印象。

 

バックバンドもすごい。

40~60代で固めたメンバー。

若いバンドみたいなオーバーなアクションもなく、

黙々と演奏に徹するプロフェッショナルの集団です。

はげ頭あり、白髪あり、顔にしわあり。

それが妙に美しいから不思議。

大人の魅力?

うん。ほんとにそう。 (^o^)

 

「愛」だの「希望」だの、 安易で

ステレオタイプな歌詞はひとつもありません。

むしろシビアでドキッとするような歌ばかり。

 

けれど、そこに 冷たさは皆無。

とても深みがあり、人生に対する温かい目を感じるのです。

 

中高年の魅力が爆発していました。

こういう歳の取り方をしたいものだと思いました! (^^♪

 

 

中島みゆき「縁会2012~3  劇場版」 予告編

 

 
 

サウンド・オブ・ミュージック

01-35-26-832_250x250[1]4月におこなう教室発表会で、

音楽物語「サウンド・オブ・ミュージック」を

上演することになりました。

(ジュリー・アンドリュース主演の

ミュージカル映画がとても有名ですが、

ストーリーはWikipediaでどうぞ!)

 

この映画は何回観たことでしょうか。

(もちろんロードショウでリアルタイムに観たわけではありませんが)

テレビ番組の上映で、ビデオテープで、そしてDVDでと、

何年たっても観るたびにワクワクが止まらない。

新鮮な感動に満ちあふれている、とってもステキな映画なんです。

 

ところが、今はまったく知らない子どもたちが多いんですよね。(;_:)

 

これは大変ゆゆしきこと。伝えていくのは大人の責任だと思いました。

劇中の楽曲に触れることで、このミュージカルにどんどん

興味を持ってくれますようにと願いをこめて。(^^♪

 

ドレミの歌

エーデルワイス