まつもと音楽教室 > 2014 > 6月

月別アーカイブ: 6月 2014

 

歌舞伎のお囃子、最高

ふだんは 職業がら西洋音楽のことばかりth9XMTW1QP

書いている私ですが、実は何を隠そう

日本の伝統音楽ファンなのでございます。(^^)

 

特に、20年ほど前に歌舞伎に出会ってからは、

舞台にはつきものの、「お囃子(おはやし)」に

すっかり魅了されてしまいました。

三味線や笛太鼓、長唄など聴いていると、思わず

膝がガクガクし出し、踊りだしたくなるような

衝動にかられます。

「血沸き肉躍る」とは、まさしくこのことか。

日本人のDNAがしっかりと根づいてるってワケです。

 

東京・銀座の歌舞伎座がリニューアルし、海老蔵や

愛之助、獅童、松也など、若手の役者たちが話題を

ふりまく中、歌舞伎ブームがまた到来しているように感じます。

が、皆さまは 生の舞台まではご覧になる機会も少ないかと

思いまして、ここで歌舞伎音楽のおもしろさ、たのしさを

徐々に紹介していきたいと思っております。(^^♪

 

まずは、幕が開く直前の、このお囃子から。

これからはじまる芝居への期待がつのる、

ドキドキ感いっぱいのBGMをどうぞ!(^O^)/

 

長唄・着到

 

 
 

本物のデュフィ

機会があり、Bunkamura ザ・ミュージアムのRaoul-Dufy-Homage-to-Claude-Debussy[1]

「デュフィ展」に行ってきました。

 

この美術展のチラシには、

<絵筆が奏でる色彩のメロディー>

というキャッチ・コピーが。

 

そう、何度かこのブログでも紹介して

きましたが、デュフィは音楽と深いかかわりをもった画家なんです。

 

ちなみに、写真の絵は「クロード・ドビュッシーへのオマージュ」というタイトル。

楽団の演奏風景を描いたものも多く、見ているだけで音楽が流れてくるのを

感じ取れるような、魅力的な作品がいっぱい。

鮮やかな色彩のうえに、まるで踊るように重ねられた曲線の美しいこと!

ムダな線はひとつもありません。

(これって、完璧な音楽と似てる!やっぱり…)

 

いつも画集や絵はがきでしか見ることができなかったのに、

今回は 20年ぶりに正真正銘のホンモノに触れることができ、

本当にシアワセな時間を過ごすことができました。(*^_^*)

 

モーツァルトに捧ぐ

五重奏

オーケストラ

ヴァイオリンのある静物

 

 
 

ピーボ・ブライソン

Black Music と出会ったのは、23-30-54-967_250x250[1]

17、8歳のころだったと思います。

それまではRock一辺倒だったのですが、

周りの影響で、JazzやFusionを聴き始めたわけです。

いろいろ聴いていくうちに、お気に入りの歌手が

たくさんできました。

ピーボ・ブライソンは、その中のひとり。(^^♪

 

BLUE NOTE の彼のライヴに、女友達と行ったことがありました。

ノリノリの16ビートナンバーの合間に、ロマンティックなバラードが

演奏され、私たちはウットリ…。

すると、間奏のところで ピーボが私たちのテーブルに

まっしぐらに近づいてきたではありませんか!

「な、なに?!」と思った瞬間、彼は、(私ではなく)女友達の手をとり、

その場で静かに二人のダンスが始まってしまい…。( ̄▽ ̄)

 

毎回サービス精神にあふれたピーボのステージ。

いい思い出になったね!と、彼女と笑い合ったのを

昨日のことのように思い出します。

 

いつ聴いてもFantastic!

ピーボの素敵な歌声をどうぞご堪能ください。(^_-)-☆

 

A Whole  New  World

Can You Stop The Rain

 

 
 

指づかいは大切②

初心者向けの楽譜はもちろん、13-02-02-280_250x250[1]

主なクラシックのピアノ曲の楽譜には、

音符のそばに、ちゃんと<指番号>が記されています。

 

どの指を使ってその音を弾いたらいいか

親切におしえてくれているわけですから、

素直にその通りに弾いてみればいいのですが、

あにはからんや、自分勝手に好きな指を使って

弾いてしまったりすることも よくあるのです。

 

特に習いたての子どもたちに多い現象ですが、

「うわっ。なんでわざわざそんな弾きにくい

めちゃくちゃな指づかいで弾くのん?!」と、

思わずツッコミを入れたくなるようなことが頻発…。(^^;)

 

指づかいは、次の音やフレージング全体にうまくつながるように

合理的に考えられています。

重ねて、指に負担がかかりにくいようにもなっているので、

なるべくその通りに弾いてみるのが おススメ。

 

手が小さかったり、指の調子が悪かったりするときは、

ケースバイケースで考えるので安心してください。

 

なので、まずは<指番号>にチャレンジしてみましょう!(^_-)-☆

 

 

 
 

指づかいは大切①

小さな子どもたちが はじめてピアノにhira85_noichigo500-thumb-260xauto-3747[1]

触れるとき、どんなふうに導入していくか

以前のブログで紹介しました

 

五本の指を動かす段階に入る前に、

<指番号>をすべて おしえてしまいます。

親指から小指に向かって順番に、1・2・3・4・5番。

 

「ゆびのかぞく」(1のゆび、とうさん。2のゆび、かあさん。

3のゆび、にいさん。4のゆび、ねえさん。5のゆび、赤ちゃん)

という歌をうたいながら一本ずつ指を立てたり、

その指だけをピコピコ動かしたりしながら、

1から5までの数字を見たら、瞬間的に指が動くように

導入していきます。

 

さて、この<指づかい>について。

続きはまた明日といたしましょう!(^_-)-☆

 

 

 
 

モーツァルト5歳の曲

200px-Wolfgang-amadeus-mozart_2[1]モーツァルトは、3歳のころから

お姉ちゃんのナンネルのまねをして、

ひとりでピアノを弾き始めたそうです。

 

4歳でナンネルの練習帳(お父さんのお手製の

練習曲集です)を弾きこなし、5歳のときには

とうとう作曲活動をスタートしてしまいました。

 

わずかな音の狂いも聴きのがさないモーツァルトは、

絶対音感があったと言われています。

「おじさんのヴァイオリンは、僕のより8分の1音低いよ」

と、しゃあしゃあと言ってのけたという逸話が。(^^;)

 

神童の初めての作品って、どんなだったんだろうって思いませんか?

ね、みなさん、興味あるでしょう?

ぜひ聴いてみてくださいね!(^_-)-☆

 

K.1a,1b,1c

 

 
 

ボブ・ディラン

ボブ・ディランをはじめてまともに聴いたのは5222106912_d30c145c8b_m[1]

(その歌ってる姿を目にしたのは)

このページの最後で紹介する、あるコンサート・

フィルムでした。

 

先ごろ、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス

という映画が、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞しました。

ボブ・ディランも影響を受けたあるフォーク・シンガーが、

主人公のモデルになっています。

ギターを持って、旅から旅への音楽人生。

生活の中からつむぎ出される言葉とメロディ。

60年代のアメリカって、こういう感じだったんだなぁ…

 

なんだか急に懐かしくなって、またディランのライブを見てみたくなりました。

特に彼のファンだったわけではありません。

けれど、そのあまりの存在感に 当時圧倒されてしまったのを思い出します。

 

今の子は、こういうの聴いて どう思うんだろう?(^^♪

I   Shall  Be  Released  (from「THE LAST WALTZ」)

もうひとつ、若かりし頃のディラン。

Browing  In  The  Wind

これも、あんまり若くて微笑ましいです。(^_-)

 

 

 
 

シューマン

1810年の今日、6月8日が250px-Robert_Schumann_1839[1]

ロベルト・シューマンの誕生日。

 

出版業を営んでいた父のもと、

裕福な家庭で育ったシューマン。

幼いころから音楽の教育もふんだんに

受けさせてもらえ、幸せいっぱいだったそう。

 

しかし、成長するにつれ 試練も訪れます。

分裂症で自殺した姉と同じく、シューマン自身も

精神を病み、後年ライン川に身を投じて

自殺未遂まで起こしてしまうのでした。

 

悩み多きシューマンを最後まで支え続けたのは、妻であり、

彼の音楽の一番の理解者でもあったピアニスト、

クララ・シューマンでした。(ブラームスの回でも登場)

 

夫の作品のほとんどは妻のために書かれたし、

妻は、「夫の曲を演奏すると、いつも彼が語りかけてくる。

彼のように偉大な人を夫に持つことができて、とても幸せ」と言う。

 

はたから見たら、「えらい困った人を旦那さんにしてかわいそうやなぁ」

となりがちですが、この夫婦には変わらぬ愛と尊敬があったようです。(*^^*)

 

子どもの情景 より  「トロイメライ(夢)」

 

 
 

Rくんは3歳

いつもニコニコして教室にやって来るRくん。PP_usagimoyouno500-thumb-260xauto-180[1]

ピアノ大好き。音楽大好き。

 

「あのね、Rくんね、おばあちゃんと いつも

ヒャッキンのおべんきょうしてるの」

 

<百均のお勉強>とは、百円ショップで売っている

間違い探しや、クイズの本のことなのだそう。

いつもおばあちゃんと競い合って問題を解いてるんです、と

お母さんがおしえてくださいました。

 

Rくんの手指はとてもしっかりしています。

ついこのあいだまで「ぐー」で弾いていたのに、

先回のレッスンでは、親指、人さし指、中指の3本を

使ってドレミを弾くことができました。

「やったね、Rくん。上手」と言うと、

顔をくちゃくちゃにして、バンザイ!\(^o^)/

 

レッスンのある日は、朝から「はやく教室に行こうよ~」って

言ってくれてるんだって?

お昼ごはん食べたらまた、「はやく行こうよ~」って

出かけようとするんだって?(*^_^*)

うれしいなぁ。

 

先生も、Rくんと一緒にレッスンするのがとても楽しみだよ。

また、来週もいっぱいピアノ弾こうね。

待ってるよ!

 

 

 
 

大人のピアノレッスン⑧

先回のこのコーナーで、指先を動かすことが15-30-23-830_250x250[1]

いかに脳の活性化によいか、お伝えしました。

 

さらにその上に…

どんどん学習活動を広げて、自分の世界を

充実させていけるのが、大人のピアノレッスンの

よいところです。

 

ひとつの曲に出会ったら、さっそくその作曲家の

CDを購入し、ほかの曲もじっくり聴いてみる方。

 

教室に置いてある音楽家の伝記を片っぱしから熟読して、

年号まで頭に入れてしまった方。

 

苦手なジャンルの音楽も、発表会でほかの人が弾いているのを

見て、自分もあえて演奏してみようと努力する方。

 

みなさん積極的で、頭が下がると同時に、

こちらも ものすごく刺激を受けます。

 

いくつになっても絶えず学び、成長しようという気持ち。

知的好奇心を持ち続け、今までとは違う自分を

開拓していこうとする気持ち。

本当にすばらしい、のひとこと。(^^♪

 

大人のピアノレッスン、イェイ!です。\(^o^)/

 

 

 

ページ上部へ