まつもと音楽教室 > 2015 > 8月

月別アーカイブ: 8月 2015

 

家で練習できない時のレッスン

生徒さんの中には、受験生がいます。8682916205_e9205c3a92_m[1]

働きながら子育てしてるママもいます。

 

みなさん本当に忙しいので、練習に取り組みたくても

じっくりと時間をとるのは至難の業です。

 

ちゃんと練習できなかった週は、

レッスンに来るのも気が重い…。

 

私、そういう気持ち、とってもよくわかります!(笑)

 

気持ちを切り替えましょう。

やり方も、変えましょう。

 

練習曲がよく弾けていなくても、気落ちすることはありません。

その場でできる練習法に、即チェンジ!

 

実際に、レッスンの中でよく採用するのは、

★初見。

カンタンな曲の楽譜を30秒ほど見て、その場ですぐに弾いてみる練習です。

★伴奏づけ。

メロディーについているコードネームを見て、ササっと伴奏をつけます。

 

その他、ソルフェージュや楽典の問題集に挑んだり、音楽史を学んだり、

聴音にトライしたり、作曲家の伝記を調べたり…

いろんなことができます。

 

レッスンが終ったあとは、充実感いっぱいで帰れるはず。

一緒に楽しみましょう!\(^o^)/

 

 

 
 

ベートーヴェン講座行きました

先日、ミュンヘン国立音大教授・

今峰由香氏の講座を受講してきました。images[7]

 

今回の講座のテーマは、

<ベートーヴェン作品とその生涯>です。

ともすれば、いかめしく難しいイメージのある

ベートーヴェンですが、「意外にもお茶目な面や冗談めいた面、

信じられないほど優しさに満ちた面など、様々な顔がある」

とのこと。

 

実際に譜面を見ながら、演奏解説を聴くことのできるステキな講座でした。

 

ベートーヴェンのピアノ曲は、「激しく強く」の指示があったかと思えば、

そのあと急に「弱く繊細に」なるような、大きな変化に満ちています。

それもこれも、彼が音楽に封じ込めた、生身の感情表現にほかなりません。

フォルテピアノの誕生とともに、それが実現されたのでした。

 

恋をして揺れ動く気持ち。病気に苦しむ姿。

切ないほど赤裸々に語りつくそうとする彼の音楽に、思わず心がふるえて…。

 

これを機に、もっとベートーヴェン作品に触れてみようと思いました。(^^♪

 

 

 

 
 

目印はト音記号

「近くまで来てるはずなんですが、迷ってしまって…」

「ぐるぐる同じところを回ってるみたいです」

 

初めて体験レッスンに来られた方が、ウチを見つけられなくて

携帯から電話してこられることが、ままありました。m(__)m

 

確かに、わかりにくいのです。

住宅街にあるし、入り組んでるし。

 

これは、なんとかせんといかん!と一念発起し…

 

ト音記号の目印をつけました。

DSCF0985

 

ひとつは、教室側のベランダに。

 

 

DSCF0983

 

 

もう一つは、裏側の外壁に。

 

 

これで、角を曲がるとすぐにわかって

いただけると思います。

 

 

玄関は二つありますが、こちらの赤いドアからDSCF0562

どうぞお入りください!\(^o^)/

 
 

発表会の写真載せました!

5月31日の発表会の写真&レポートをPPS_ellyhimawari500-thumb-260xauto-557[1]

やっと掲載いたしました!\(^o^)/

http://matsumoto-music.com/concert.html

 

 

生徒のみなさんには、お一人ずつ

DVDも渡しているところです。

 

あらためて見る映像の感想は…

 

もうちょっとここはこうしてればよかったなぁ!という反省点はやはりつきもの。

悔しかったり、残念だったり、ちょっぴり悲しかったり。

それぞれありますよね。 (^^;)

 

だけど、それ以上に

「ワタシ、よう頑張ったやん」

「ボクもこんなにできたやん」

「 何はともあれ、めっちゃ楽しかったやん!!」

そう 思ってもらえることがイチバンなのです。

 

これからも前進、前進。

歩みがはやくても遅くても、とにかく続けること。

そして来年の発表会に向けて、また新鮮な気持ちでスタートしていきたいものです。

 

 

 

ページ上部へ