まつもと音楽教室 > 2016 > 12月

月別アーカイブ: 12月 2016

 

大晦日に中村紘子さんを偲ぶ

この夏に亡くなられた、中村紘子さんのppo_hagaochitaikitotori500-thumb-260xauto-10021

追悼番組を見ながら、これを書いています。

 

音楽の背後にある、その人の精神性。

志の高さ。深遠なる世界。

(どうしてこんなに圧倒されるのでしょう?)

 

昔、中村さんの講演会に行ったことが

あるのを、ふと思い出しました。

 

ピアノの演奏についてや、音楽について、さぞかしいろいろなお話が

聞けるのでは?と、講師の友人たちと誘い合わせていそいそと出かけたのです。

 

ところが・・・

彼女は、まったくと言っていいほど、そういう話はしませんでした。

 

彼女が語ったのは、当時の国際情勢について。

戦争について。民族対立の問題について、などなど。

まるで、政治家やキャスターの講演会のような雰囲気でした。

 

そのときは、なぜ彼女がそんな話ばかりするのか、私には理解できませんでした。

お客は、彼女が講演するのだったら、100%音楽の話を期待して来るでしょう。

それに応えようとしない彼女に、どこか違和感を感じていたのかもしれません。

 

でも、今日の番組の彼女の演奏を聴いていて、なんとなくわかった気がしました。

 

彼女の関心ごとは、即、音楽へと結びついているのです。

それが「中村紘子」なのです。

 

常日頃から、世界の情勢のことを気にかけ、人間について深く思索する。

そういう生活の積み重ねが、この音楽性を生み出している。

講演会で語った内容は、彼女の生き方からして、とてもナチュラルなことだったのだ。

 

そう感じました。

 

中村紘子さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。

 

 
 
 

ドキドキ!クリスマス会

本日、教室のクリスマス会を開催しました。c777_pretotree500-thumb-200xauto-23401

 

朝から夜の8時前まで、全部で5クラス、

生徒さんたちが教室に大集合!

 

くじ引きをして、その順番に演奏する

ミニミニコンサート。

 

恒例のキャベツむきむきゲーム。

(新聞紙で作ったキャベツの皮をひとり一枚ずつむいていき、

最後の芯のところにあるお宝をゲットできた人が勝ち。

ちなみに今年のお宝は「激落ち消しゴム」でした)

 

紙芝居を見たり、百人一首の坊主めくりをしたり、

神経衰弱やババ抜きなど、アナログゲームの数々よ。

(昭和っぽいのがまつもと音楽教室の特徴かな。。)

 

今年はぎっしりとスケジュールをつめてしまったので、ちょっと時間が足りず。

「え?もう終わり?」

「短かすぎる~」

「まだなあんも遊んでない~」

とのブーイングがありました。<(_ _)>

 

みなさん、ごめんなさい。

もうちょっと考えて、来年はゆったりできるようにしますね。

 

今回、参加できなかった生徒さんは残念でしたが、またの機会があります。

発表会も、言うてる間にやってきます。安心してください(笑)

 

保護者の皆さま、今回もご協力をたまわり、本当にありがとうございました!!

 

 

 
 

愛しのモーツァルト

モーツァルトが好きです。2279609940_863fb66428_m1

 

 

いえ、正確に言えば、「好き」とか「嫌い」とか

言う次元ではなく。

我が人生に、なくてはならない存在。

 

 

大げさではなく、本当なのです。

彼の音楽があったからこそ、今こうして笑っていられる気もします。

 

 

で、今日は彼の亡くなった日。

 

 

あの世に召される瞬間は、やっぱりモー様を聴いていたいなぁ。

しんみり思う、命日なのでした。

 

 

 
 

師走到来!クリスマス会もうすぐ

早いもので、今年も最後の月になりました。2097326883_515eb8afef_m1

 

今、教室では生徒のみなさんが熱心に

クリスマス会の曲の練習中!

 

本番は18日の日曜日。

あと何日?あと何日?と言いながら、みんな必死になって。(笑)

 

クリスマス会では、ふだん会えないお友だちとも会える。

お互いの演奏も聴けるし、ゲーム大会でワイワイ盛り上がれるし・・・

何よりプレゼント交換できる!(コレが楽しみという人も多い)

 

とにもかくにも風邪をひかず、練習のラストスパートを走りぬきましょう!\(^o^)/

 

 

 

ページ上部へ