まつもと音楽教室 > ブログ > モーツァルト♪ > 哀しみのモーツァルト~弦楽四重奏曲編①~

哀しみのモーツァルト~弦楽四重奏曲編①~

2014年05月14日

全モーツァルト作品の中から、

数少ない609648333_3683c32525_m[1]短調の曲にスポットを当てよう

というシリーズ。

今回は、弦楽四重奏(カルテット)です。

 

若き日のモーツァルトが、敬愛してやまない

大先輩作曲家に捧げた「ハイドン・セット」。

当時の弦楽四重奏曲は、6曲ひと組で出版されることが多く、

このハイドン四重奏曲も、ワンセット6曲になっています。

 

今日の短調曲は、セット中二番目。

なんとなんと、モーツァルトの妻コンスタンチェが長男を

出産するときに、苦痛の叫び声をあげていたのを譜面に

書き込んだ(?!)というエピソードがあるんですよ。

ほんとかどうかは定かではありませんが、

それはこの第三楽章の中だと主張する研究もあります。(^^;)

 

どうぞ、みなさんの耳で聴いて確かめてみてくださいね。(^O^)/ ♪

(私にはよくわかりませんでした…)

 

ハイドン四重奏曲   第2番   ニ短調   K.421(417b)   第三楽章

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。