まつもと音楽教室 > ブログ > レッスン内容について > 保育士のためのピアノレッスン④

保育士のためのピアノレッスン④

2013年12月03日

angel-185488_150[1]保育士になったら、どのようなかたちで

音楽と向き合うようになるのか。

 

先回もお話ししましたが、

いろいろなシーンが考えられますね。

その保育所の取りくみの方針によってまちまち

でしょうが、ごく一般的なものについて考えてみます。

 

まずは、日常こどもたちが歌を練習する際に

鍵盤楽器で伴奏をすること。そして歌そのものの指導をすること。

 

それともうひとつ、こどもたちに音楽の指導をするシーンは、

「音楽発表会」だと思います。

もっきんやてっきん、タンバリンにカスタネットにミュージックベル。

大太鼓や小太鼓。鍵盤ハーモニカも演奏する機会が多いですね。

場合によっては、キーボードを弾かせることもあるでしょう。

 

そうなると、たいへん大所帯です。

全体の音のバランスを見なければいけません。

アンサンブルの経験が必要になります。

 

この続きは、次回のこのシリーズで!!\(^o^)/

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。