まつもと音楽教室 > ブログ > レッスン日記 > モーツァルトの曲に歌詞をつけた

モーツァルトの曲に歌詞をつけた

2016年09月01日

これは、一音会の

<ピアノの学校⑥>DSCF1099という教材です。

さまざまな手法を学んで、しだいに

自分で作曲ができるように

うまく導いてくれる画期的な本です。

 

<わたしはモーツァルト>のページでは、

まずメロディーを作曲のルールに基づいて

完成させたあと、自分で歌詞をつけてみるという

課題があるのですが、これがなかなか難しいものなのです。

曲の雰囲気やリズムをきちんととらえていなければ、

歌詞は自然な仕上がりになりません。

 

先日は、Mちゃんがこの難しい課題に果敢に挑戦しました!(^^)

そして、でき上がったのが…

 

♫ あめ、チョコ、何が食べたい? お菓子の国 わたがし船で空を行こう

アイス、ゼリー、何が食べたい? お菓子の国 お菓子でできた城がある国へ

ガムの兵隊さん アイスの執事さん なかよしのクッキーの王様とお妃さまもいる

金平糖のコック マシュマロ市民のみなさん

クッキーの王様とお妃さまの宝物は それは可愛い小さなこどもたちよ いい子たち

どんどん成長しきれいな娘になってゆく その子も大きくなって空の王子様と結婚する

そしてその子も大きくなった そして また…とつながる

ガム、わたがし、何が食べたい? お菓子の国の今のお妃さまと王様は

そしてそして…とつながった子孫たち なかよくお菓子の国を守りつづけているよ♪

 

茶目っ気のあるモーツァルトが、いかにも喜びそうな歌詞だと思いませんか?

一緒に口ずさむと、メロディーにうまく乗って楽しい。

やったね!Mちゃん。(^_-)-☆

 

(原曲はこの曲、「そりすべり」です)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

ページ上部へ