まつもと音楽教室 > ブログ > 今日が誕生日の音楽家 > クララ・シューマン

クララ・シューマン

2014年09月13日

1819年9月13日がth[6]

クララ・シューマンの生まれた日です。

 

クララについて語るとき、彼女に執着した

3人の男性の存在を抜きにすることはできません。

 

ひとりはクララのお父さん、ヴィーク。

彼女の才能を見出し、9歳からコンサートツアーに

連れ出します。ほかの子どもたちの教育には無関心、クララに人生を賭けます。

 

つぎに、夫ロベルト・シューマン

生涯の伴侶としてはもちろん、自分の作品の弾き手としても、

彼女はなくてはならない存在。

精神病に倒れたのちも、クララに頼りっぱなしでした。

 

そして、最後にヨハネス・ブラームス

ロベルトの弟子でありながら、その妻クララに惹かれ、

苦しみながらも熱烈に彼女を愛し続けます。

彼女にあてたラブレターがたくさん残っています。

 

さて、当のクララ自身は…?

 

女性の立場から彼女を見ると、まずそのたくましさに驚かされます。

8人も子どもを次々に生みながら、ヨーロッパ中を回り演奏会を

行っているんです。その実力たるや、あのリストも絶賛するくらいの腕前!

 

写真では やさしそうで物静かな美人さんですが、

なんのなんの、とても力強いイメージ!

どんな男性も彼女の周りでクルクル回ってたに過ぎないのでは?

と思ってしまうほど。(^^;)

 

ピアニストでありながら、優れた作曲家でもあったクララ・シューマン。

しかも、8人もの子どものお母さん。

まさにスーパー・ウーマンといった感じがします。

 

スケルツォ2番   作品14

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。