まつもと音楽教室 > ブログ > 今日が誕生日の音楽家 > シューベルト

シューベルト

2014年01月31日

245px-Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875[1]1797年の今日、1月31日に

シューベルトは オーストリアのウィーンで生まれました。

 

シューベルトのお父さんは学校の校長先生。

息子にあとを継がせ、安泰な生活をさせたいと願った。

ところが、息子は音楽で生きて行きたい。

好きでもない仕事をして 一生を過ごすなんて、

若いシューベルトには耐えられないことだった。

 

何度も二人で話し合ったけど、お互いに自分の主張は譲れない。

とうとう、シューベルトは家を飛び出す。

 

彼はホームレスになった。

生活に何の保証もない。

ところが、運のいいことに、彼には友だちがたくさんいた。

次から次へと 友だちの家を泊まり歩いては、食事や五線紙を

提供してもらって作曲活動を続けた。

 

一千曲の作品中、三分の二が<歌曲>というシューベルト。

『魔王』が最も有名ですが、今日は『冬の旅』。

長調と短調の移り変わりや巧みな和音を用いて、

社会から疎外されていく若者の、孤独や絶望を浮き彫りにしています。

 

決して幸せなことばかりを歌うわけじゃない、

現代のロックの精神と似かよっているところがすごくあり、

面白いなぁと あらためて思った次第です。(^^♪

 

歌曲『冬の旅』より 第一曲『おやすみ』

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。