まつもと音楽教室 > ブログ > Art > 光の王国展Ⅱ

光の王国展Ⅱ

2013年07月17日

vs_034[1]フェルメールが 自分の次女をモデルにして

描いたという<ギターを弾く女>です。

 

少女のおしゃべりや可愛らしいギターの音が

今にも聞こえてきそう・・

 

この絵がある美術館、 ロンドン郊外のケンウッド

ハウスに 一人の男の人がやって来て、ソファに座って

この絵を 長い間じっと見つめていたんですって。

 

その人の名は、 ポール・マッカートニー!

なんでも、その近所に住んでるらしいですよ。

(音声ガイドで このエピソードについて聞くことができました)

 

ポールは 絵を見ながら何を考えてたんかなぁ・・

なんの音弾いてるのか知りたくて じっと見てたんとちゃうか?

っていう話、ほんとかなぁ。

この絵からインスピレーションを受けて、なにか新しい曲が

生まれてたとしたら 楽しいですね、ほんとに。(^^♪

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。