まつもと音楽教室 > ブログ > LIFE > ほんとうの自立とは

ほんとうの自立とは

2014年05月26日

ひさしぶりにマッサージに行きました。17-40-06-314_250x250[1]

温熱器で腰をあたためてもらってる間、

いろんな雑誌を読んでリラックス。

ホッとすると共に、貴重な情報収集の時間です。(^^)

 

今日はこんな記事を見つけました。

勉強がよくできて有名大学に入っても、就職したあと

社会に順応できなくて、あえなく脱落してしまう若者が増えている、と。

 

<自立>できることが大切とは言うけれど、

日本では<経済的自立>に論点が集中しがちですね。

でも、それ以前に「自分の身の回りのことが自分でちゃんとできる」という自立。

「多様な人間と関わることができ、社会的に貢献できる」自立。

その二つが重要だ、とする意見でした。

 

東日本大震災のとき、「自分が突然死ぬようなことがあったら、

この子は一人で生きていけるのか?」と思ったら、急に不安になった。

そういう母親がいた、ということも書いてありました。

 

<いろんな人と関われる精神的な強さ、しなやかさを持ち、

自分のことがちゃんとできた上で、人のためにも何かできる(しようとする)人間になる>

シンプルだけど、今の子どもたちにとって、

とてつもなく大きな目標ではないでしょうか。

 

日々のレッスンを通じても、その目標に近づく手伝いがきっとできるはず。

あらためて感じた一日でした。

「ちっちゃな積み重ねが大事だ!」

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。